新入社員研修

日テレのNEWSリアルタイムを見ていたらKlabというIT企業の新入社員研修の様子を放送していました。
バスで千葉に連れて行かれ、名刺交換や電話対応、そしてブラック企業の鉄板技、大声発生や長距離歩行等の研修を泊り込みでやらされていました。

企業によっては自衛隊体験や滝行などをやらせる禊(みそぎ)研修を行っている所もあります。
滝行や長距離歩行等、仕事に全く必要性のない研修を行うのはなぜでしょう?

それは

「会社に逆らわない従順のしもべ」を作る為の洗脳行為だからです。

研修という名の洗脳行為によって、動物で言ったら去勢や、爪・牙・毒抜きにするのが目的です。
長いところで1週間ぐらいの泊り込みでやらされます。
グループを組まされてなんかミスをしたら連帯責任ということでグループ全員にペナルティを課します。

無理難題、理不尽な扱い、飛び交う罵声。
精神的にも肉体的にもヘロヘロにして抜け殻状態させ思考停止にし、洗脳ドォーン。
これを研修中ずっと行うことによって会社に逆らわないYESマンを作ることが出来ます。

まさにロボトミー状態。

このような研修をする業種は自動車メーカー、大手パチンコ屋、飲食業、家電量販店、電気メーカー、銀行等が多いですので気をつけてください。
ちなみに日テレの研修は100kmの長距離歩行をやらされたと笛吹アナが言ってました。


インターネットの普及によってこのような情報が手に入りやすくなりました。
圧迫面接、労働基準法違反、洗脳研修等を行う企業、いわゆるブラック企業が検索出来る便利な時代になりましたねぇ。

だれもがこのような企業に就職したいとは思いません。
就職活動をしている人は間違いなくブラック企業名を検索しています。
自分が就職しようと思っている企業がブラック企業だったら、当然パスすることでしょう。
そして他にいいと思っている企業を調べて・・・ブラック
さらに次を調べて・・・・・ブラック・・・・・の繰り返しで就職活動に疲れドロップアウトした人がニートになってしまうのではないのかな?っと思ったり思ったり思ったり。

ニートが増える理由はブラック企業が増えたから・・・・・なのかもしれません。
だとしたら厚生労働省等が、どんなに職業訓練等のニート脱出支援とかしても意味がないですね。
必要なことはサビ残をするような労働基準法違反企業の徹底的な摘発と性別・年齢による雇用差別などを無くす事がニートを減らす最善の方法なのかも知れません。


総括
新入社員研修と言って地方の研修施設に缶詰にさせられ、大声発生、社訓暗記&連呼、長距離歩行をする企業は危険、絶対に入っちゃダメ。


klab
http://www.klab.jp/

テーマ : 人事・雇用制度
ジャンル : 就職・お仕事

CDRメディアを直射日光と灼熱地獄状態にさせたらどうなるか?14

CDRメディアを直射日光と灼熱地獄状態にさせたらどうなるか?13の続き

開始から31週間後


あれから5ヶ月ぐらい経っただろうか・・・・・
相変わらず読めるほうは読めるし、読めないほうは読めない。
記録面に直射日光が当たらない限り、大丈夫って事でいいだろう。

どんなに大事に保管していても20年ぐらいすれば剥離とか起こってくるらしいけどね。


テーマ : PC周辺機器
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

くろいきり

管理人:くろいきり
フリーのレタッチャー

クラウドソーシングだけで生活出来るヤツっているのかな?
少なくともレタッチ案件では絶対無理だと思う。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

商品
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ