繋がらないBBフォンと3GplusとETX-R

当時、56Kモデム+テレホーダイから東京めたりっくにして、「すげー、超早えぇぇー」と快適なNET環境だった。
1年ぐらい経った時、東京めたりっくの経営がヤバイ事になった所にソフトバンクが東京めたりっくを吸収、それ以来ずっとヤフーBBを使っている。

その時に送られてきたのがこれ。

トリオモデム12

トリオモデム12M

もう返却しちゃったのでサイズは測ってないが結構デカイ。

なぜ返却したのかって言うと、BBフォンの繋がりが悪すぎるから。
受話器をとっても「プー」とも「ツー」ともなんの音もせず、こちらから電話をかける事が全く出来ない。
0000を押してNTT回線で電話しようと思っても反応してくれないのでお手上げ状態。

トリオモデムの電源を切って繋げ直すと電話をかけることが出来る。
NETに繋いでいない時なら、電源の入れなおしをすればいいんだけど、なんかデカイ物をDLしていたり、ネトゲ中にだった場合に困る訳ですよ。

そこでサポートに「新しいモデムをよこすか、BBフォンだけ解約させてくれない?」的な事を言ったら新しいモデムがやってきた。
それがこれ。

3G Plus

トリオモデム 3G plus

以前の物と違い、ルータ機能が有りLANポート4つ付きだ。
サイズは220×70×140(mm)で縦置き専用でデザインが前のと比べると良くなっている。
ルータ機能があるので現在使っているブロバンETX-Rが無くても複数のPC接続が可能だが、DoS攻撃防御とかインターネットからのPing拒否等の機能がないようなので、ETX-Rをかました方が良いような気がする。

3G Plusはデフォルトの状態でルータ機能ONなので、この状態でを繋いでしまうとETX-Rの自動認識機能により、HUBモードに切り替わって無意味になるので3G Plusのルータ機能をOFFにする時はPCに直接繋げてNAT機能を無効に設定変更してからETX-Rをかましましょう。


3G Plusのルータ機能をOFFにして自前の無線LANを付けてもNET接続が出来ない人は「IPアドレス/ DHCPサーバ」の「本機IPアドレス / サブネットマスク」の数値を自前の無線LAN IPアドレス(バッファローだったら192.168.11.1等)に近い番号に変更すると使えるようになるらしい。

家は無線LANではないけど念のため、ETX-RのIPアドレスに近い番号に変更しておいた。
問題なくNET接続されているのでこれで3G Plusの設定は終了。
ポートの開放とかの設定は全部ETX-Rで管理する事が出来る。

DL速度も今までと同じぐらいの数値が出ているので文句はなし。
後はBBフォンの繋がらない状態が改善されているかどうか、暫く様子見。

で、1週間が経過。

結果、以前のモデムの時は、1日1回以上BBフォンが繋がらない状態。
3G Plusにしてからは、BBフォンが繋がらない日が1回とチューニングの合っていないラジオのようなザーザー音発生が1回という状態。

大幅に改善はされたけど、やっぱりBBフォンはクソってことです。
BBフォンだけ解約してくれれば全てが解決するのにしてくれないソフトバンク・・・・・ヽ(`Д´)ノ

プロバイダを変えるか、スプリッタをかましてBBフォンを回避するしか改善策はないようです。



関連記事

テーマ : インターネットサービス
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

変えました

>鍵コメさん
光に変えましたよ。
プロフィール

くろいきり

管理人:くろいきり
フリーのレタッチャー

クラウドソーシングだけで生活出来るヤツっているのかな?
少なくともレタッチ案件では絶対無理。

大口の仕事、来ないかなー。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

商品
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ