スチームクリーナーの威力

深夜に、ほげぇーとテレビを見ていると必ずやっているテレショップ番組。
落ち目になった芸能人が、あーだのこーだの、いいながら淡々と進行して行きます。
そんで値段を聞いて、

「付属がこんなに付いてこの機能でこのお値段、いいんですかぁー?」

と心にも思っていない決め台詞の連発をしてくれちゃって、ウンザリだったりします。
正直、そんなリアクションや決め台詞なんてものは、消費者は必要としてないし、芸能人を雇うギャラがあったらその分の銭を消費者に還元してもっと値引きしてくれた方が、食い付きが良くなると言う事がわかっていないようです。
それはさておき、テレショップで出来てくるスチームクリーナーなる物が良く出てました。

「使っているのは水だけ!!、スチームの力でこんな汚れ・・・・」

等と言ってくれちゃっています。
ほんとか?と思う人も多い事でしょう。っつーことで、今回スチームクリーナーを購入し、おまえの力はどんなモンだ?という検証をしてみたいと思います。
値段は大体5000~20000円ぐらいでいろんなメーカーから販売されています。
当然そんな物を買う銭はないので安い物を購入しました。


steam.jpg

今回買った商品はこちら↑「スチームクリーナーSCJ-7」だ。

基本スペックは
消費電力1400W / スチーム温度80~100℃ / タンク容量520cc / 運転時間15分
後はブラシとフィルタ等が付いてる。
定価20000円の商品とスペック的には変わらない。
なのに今回の買ったこの商品は1980円だ。
安い商品はやっぱりダメなんだろうか?と思いつつ実験開始してみた。
まずは風呂場のカビにチャレンジ。

bath_tile1.jpg
左側にスチーム、右側に薬品を使ってどれだけ落ちるのか?を見比べてみよう。

bath_tile2.jpg
↑↑結果がこちらだ。↑↑


スチームは約30秒間使用した。薬品は塗布してから5分間放置後、洗い流しただけ。
見ての通り、薬品を使った時と同じぐらい落ちている。
薬品を使うより早くカビが落ちるって事は凄くないか?
テレショップでやってるデモンストレーションは満更ウソではなさそうだ。
(この商品のデモンストレーションは見たことないけど)

しかしなー、目地1箇所に約30秒。目地の数は・・・・・・
全部スチームでカビ取りするとなると日が暮れてしまう事間違いなし。
薬品ぶちまけて放置後、シャワーで洗い流せばトータルで10分ぐらいで終わる薬品の方が早くて楽だ。


今度はキッチン廻りのタイル目地の実験。
脂汚れにはどのぐらいの威力を発揮するのかの検証。
スチームは約2分ぐらい使用、薬品はティッシュに染みこませた物を目地に沿って擦っただけ。
スチームの方が若干落ちがよろしいのだが、薬品を使って擦った方は約15秒の時間でこの汚れ落ち。
歯ブラシ使ってもっと長い時間使ってたら同じ又はそれ以上落ちると思われる。
カビの時と一緒で、薬品の方が効率が良い。

kitchen_tile.jpg↑↑キッチン廻りタイル目地の結果↑↑


次は手垢汚れ?今から16~7年前に購入したネズミさんゴミ箱。

trash1.jpg
50年経って著作権が切れて自由使えると思っていたら、著作権20年延長という裏技らしき方法を使い法律自体を捻じ曲げるディ○ニー。そのお陰で今も囚われの身のネズミさんだ。
素材は多分スチール製、ボコボコになっているのは当時ベレッタエクストラとワルサーMPLの標的にしていたから。
1回も洗ったことがないので、美味い焼き鳥屋の壁のようにいい色を出している。

trash2.jpg↑↑結果がこれ↑↑

薬品はキッチン目地と同じ方法でティッシュに染みこませた物で拭き取ってみた。
約15秒で艶艶のピカピカになりました。一方スチームは約2分使用してこんな感じ。
画像では判り辛いと思うのですが、なんとなく曇った状態になってます。
汚れの薄皮1枚残っているって感じでツルツルした素材は苦手なようです。
今回も薬品を使った方が効率が良いと言う結果になりました。

これ以外にゴムパッキンのカビ、ガスレンジ、蛇口近辺、シェーバー等を試しました。
ゴムパッキンは薬品、スチーム共に綺麗に落とす事は出来ませんでした。
ガスレンジは両方とも汚れは落ちましたが、やはり薬品の方が早くて楽です。
蛇口、シェーバー、エアコンのエバポレータは細かい隙間や溝があるのでスチームの方が細かい所、奥まで届くためスチームの勝ちって感じがします。


【 今回の実験結果 】

・スチームの洗浄能力は薬品と同じぐらいのパワーがある
・溝、シワ、メッシュ状の物に強い力を発揮。逆にツルツルした素材は苦手
・1400Wもあるので、エアコンとか点けながら作業していたらブレーカーが落ちる可能性がある
・プラスチック製品に使用すると歪み等の変形が起きる可能性がある
・長時間使用する事ができない
・本体を持ちながらの作業になるので、腕がダルくなる


こんな感じだろうか。
スチームの力でここまでの洗浄力がでるんだからすげーんじゃないかな?
食べ物を扱う器具の洗浄に薬品を使いたくないって思う人は多いだろう。
そんな時にこの商品は重宝されることだろう。

2度手間になるけど、薬品使った後にスチームを使って薬品ごと洗浄すれば完璧な作業になる。
こんな安い商品でこの力なんだから、高い値段のヤツならもっと洗浄力が高いかもしれない。

というか高い物はボイラー式を採用し、安い物はパネル式を採用していることが多いとの事。

ボイラー式ってのはタンク内で水を加熱し、高温・高圧の蒸気を発生させている為、蒸気の粒子が細かく飛び散りが少ない。

パネル式ってのはポンプで送り出した水を瞬時にスチームにするタイプなので、ボイラー式と比べると蒸気温度が低く、飛び散りが多い。

もちろん今回購入した商品は安物なのでパネル式だ。

今回の実験で判った重要な事。
この商品はスチームの力で汚れを落とします。
汚れがガンコだったり大きい物を洗浄すると使用時間が増えます。
使用時間が増えるって事はスチームの放出時間が増えると言う事です。
スチームは水に戻ります。
気が付くと、

「スチームで落とした汚水で廻りがビチョビチョになってます」

飛び散った汚水で関係ない所まで汚れが拡散したりして大変になる事があり、この後始末が面倒なので室内での作業は場所を選びます。
すなわち、このマシンで汚れを落とす機会は少ないって事です。


【 教訓 】

「 薬品は楽だ 」


スチームクリーナー

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くろいきり

管理人:くろいきり
フリーのレタッチャー

クラウドソーシングだけで生活出来るヤツっているのかな?
少なくともレタッチ案件では絶対無理だと思う。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

商品
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ