【年齢性別】 お金の入手方法 【関係なし】

お金の入手方法

世の中、金じゃないよ。

と親に教えられた世代ですが、やっぱり金だなーと思う。

相田みつをも

「金が人生のすべてではないが 有れば便利 無いと不便です 便利のほうがいいなあ」

と言っているし。

病気になった時、良い治療を受けるにもお金が必要だし、良い大学に入ろうとするにもそれなりのお金が必要になる。
健康の基本とも言える食事もそうで、カップ麺ばかりの食事より、バランスの取れた食事が出来る方が良いわけで、それにもお金が必要になる。

老後、平均寿命ぐらいまで平然と暮らせていけるぐらいの蓄えがあれば、それだけで精神的不安が解消され、穏やかな心を保ちながら生活が出来るわけだし。

ではどうやってお金を入手するのか?検索してみた。



基本は労働の対価としてお金を入手する方法。

自分の時間を売ってお金を得る方法なので、すでに仕事をしている人は、プライベートな時間が無くなってしまう。
若い人なら問題はないが、歳をとってしまうと雇ってもらえない事が多くなる。

年齢以外にもいろいろ壁があって、労働に関するいろんな法律があるにも関わらず、守らない企業が多いし、労働局など通報しても行政の動きはすこぶる悪い。

女性だからとか男性だからとか年齢がどうとか言われて職につけない人は結構多いのではないだろうか?
職に就けない=お金を入手出来ないって事なので、自分の時間を売ってお金を得る方法は得策ではない。

他の方法を検索すると出て来たのが王道の2つ。
10年前ぐらいにも同じように検索した結果も、この2つだったなー。

「せどりとアフィリ」

せどりっていうのは、安い値段で売っている価値のある古本を買って、価値の判る人に利益を載せて売るというやり方。
簡単にいうと転売。

最近のせどりの意味だと、古本だけじゃなくて全ての商品を安く仕入れて、転売し利鞘を得ることを指すようだ。
値段比較サイトや新規オープンセールなどの情報を調べて購入する。

最近だと中国の商品を購入して転売する人が多いようだ。
タオバオとかアリババとかで買うらしい。

基本的な流れとしては、

「安い中国雑貨を購入→届いた商品を利益を載せてアマゾンやオークション等に出品→売れるのを待つ」

ってな感じ。

月額10万ぐらいなら稼げるような事を書いている人が多いが実際はどうか判らず。
気になる人は、「せどり 個人 輸入 転売 中国」等のキーワードで検索すれば、やり方まで紹介しているサイトまで辿りつけると思う。



残りのアフィリはアフィリエイトの事。
自分のサイトに広告を掲載して、そっからなにかの商品が購入されると、一定の割合で還元される仕組み。

ここでいうアフィリは本気で取り組むアフィリで、ブログ等にチョチョイと広告を載せるっていうヤツではなく、商材をしっかり決めて、その商材に特化したサイトの運営をすること。

例えば、保険に関するアフィリサイトを作るのなら、保険の種類や値段の比較等を事細かく調べて掲載するとか。

ショップサイトを作りたいと思っている人向けのアフィリサイトを作るのならば、どこのレンタルサーバーが安定しているとか、料金の比較や、ショッピングカートのCGIの設置の仕方とか、必要な事を盛り込んだサイトを作るとか。

そこそこの知名度が上がれば、適度な更新をするぐらいで半分以上ほったらかしで収入が見込めるんだけど、そこまで知名度が上がるまでにはいろいろとやることがあって、検索エンジンにヒットしやするくなるようにSEO対策とか必要だし、HTMLとかも知らなければならないだろう。

レンタルサーバーを借りてドメインも取って、ワードプレス等を使って管理しやすいようにし、読みやすいレイアウトやデザインセンス等々、必要な事やる事いっぱいで非常に大変。

○○まとめ系のアフィリサイトは、掲示板などで話題になっている情報をコピペしているだけなので比較的簡単だけど、情報の鮮度が命なので、頻繁に更新する必要があり、それはそれで大変だったりするようだ。


他だと動画投稿とかもアフィリみたいなもんだろう。
作った動画に広告が載って、その再生回数によって還元させる仕組みのようだし。

人気の出るような動画を作れれば利益が見込めるが、そのセンスがあるかどうかがカギになる。
おバカ動画を作るのか、動物動画を作るのか、検証動画を作るのか、解説動画をつくるのか、アニメとか短編映画を作るとか、オリジナルの唄を歌ってみるとか・・・・

違法だけど、TV番組をUPしている人たちは数千万ぐらいの利益を出していたりするそうな。
エロ動画もかなりの利益が出るらしい。
まぁ、捕まったら元も子もないけどね。


他に小遣い稼ぎ、副業等で検索して出来てたのは

「ポイントサイト、クラウドソーシング、写真販売、ハンドメイド商品販売」

等が出て来た。


ポイントサイト系とは、登録してサイト内にあるミニゲームだったり、CMを見たり、資料請求したり、アンケートに答えたりするとポイントが貯まって、そのポイントが円だったり商品と交換が出来たりする。
なので複数のサイトに登録し、時間が許す限りガンガンやり倒して小銭を稼いでいくらしい。


クラウドソーシングは仕事を出したい人と、仕事を受けたい人のマッチングサイト。
仕事と言っても雇用するとかしないとかの話ではなくて、単純に「こういう作業をしてくれたらいくら払います」とか「いくらもらえれば、こういうことします」みたいな事の出会いの場。

基本はIT関連技術が多く、「こういうプログラムを作ってくれる方」とか「サイトのバナーデザイン募集します」とかが多かったりする。
中には、スーパーファミコンのバッテリ交換依頼だったり、洋服に値札をつける等、昔ながらの内職みたいな案件も少ないけどあったりする。

まぁ、昔に書いた記事でも参照してください。
【クラウド】 ランサーズのタスクを1か月やってみた 【ソーシング】
【内職】 クラウドソーシング 【在宅】


写真販売は、画像素材サイトでデジカメで撮った写真を募集していることが多く、一定の基準とかがあってその審査に合格したら採用され、その画像が買われると報酬がもらえる仕組みになっている。
頻繁にデジカメで撮影をしている人は、ガンガン応募した方がいい。


ハンドメイドの販売はそのままのことで、自作のなにかを販売する。
その販売する場所を提供しているサイトが結構増えてきているので、そういうサイトを利用するのもありかもしれない。

かまぼこ板で表札を作るとか、木彫りの人形を作るとか、ミシンが得意なら、シャツとか洋服とかも出来るだろうし、銀粘土とか使ってシルバーアクセサリーとかも作って販売出来るでしょう。
手先が器用な人にはいいと思う。


いつまで続くか判らないけど、LINEのスタンプなんかも出来る人は積極的にやっておきたい。
ただ、絵心と画像で一言のような大喜利的コメントが重要になるので、人気のスタンプを作るのは難しいかも。

還元率が少なくなったせいか判らないけど、以前より過熱感は下がっている気がするので、アイディアがある人お早目に。


その流れでTシャツデザインも行うといい。
スタンプで作った画像をTシャツデザインとして販売し、売れればギャラが発生するので1粒で2度おいしい。

なので、スタンプで作る画像は、解像度300ぐらいで作っておくか、イラレ等のベクターデータで作っておこう。
「Tシャツ、デザイン、販売」などのキーワードで検索すると、専門のサイトがすぐに見つかるので登録すればいい。

自分が検索した限りではこれぐらいしか調べられなかった。
参考になれは幸いです。



テーマ : 生きる
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くろいきり

管理人:くろいきり
フリーのレタッチャー

クラウドソーシングだけで生活出来るヤツっているのかな?
少なくともレタッチ案件では絶対無理。

大口の仕事、来ないかなー。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

商品
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ