【お金持ち】 お金を得る手段の違い 【貧乏人】

貧乏人とお金持ちの違い

お金に関する書籍などを読んでいると、よく書かれている事がある。
それは

貧乏人は自分の時間を売ってお金を稼ぐ。
お金持ちはアイディアを使ってお金を稼ぐ。


だそうだ。
そう言われてみればそうだね。

昔から

働く人は儲からない、儲ける人は働かない。

っていうもんね。

そんじゃお金持ちになる為に、頭使って頑張るぞ!! って言った所で

「お金に変わるアイディアが一つも浮かびません」

お金持ちと貧乏人の違いを理解したけど、お金に変わるアイディアが浮かばないのなら、結局貧乏人のままってことだよね。
それと、アイディアが出たからと言って、それが成功するとは限らない。

例えば間寛平がやっていたアメママン。
このキャラクターが人気だったため、バッチを作って売りだしたが全然ダメで、6000万の借金をしていたのは有名な話。

他には、便利な商品を思いついて、特許とか実用新案とかの申請して、それらを取得したとしても、それが商品として世に出まわらなければ、ギャラにはならない。
特許の維持費も結構かかるので、特許を持っている=お金持ちとはならない。

お金持ちになる人と、貧乏人の違いを知ったところで、お金持ちの側に行くには大きな壁があるような気がする。

お金持ちになる人は、金儲けの才能が生れ付きあるんじゃないのかな?
イーロンマスクとかスティーブジョブズとか見ててそう思うし、知恵とかアイディアって、努力して成長するものではないし。

でも、いろんな物を観察して、いろいろ考えることで、アイディアは生まれやすくなるってどっかの脳科学者が言っていたので、いつも何気なく見ている物も、じっくり観察するようにはしているが・・・・

お金に関する書籍を読んでてそんなことを思った日。

あっ、それとアイディアを使ってお金を稼ぐことも出来ず、年齢がどうたら性別がどうたらと言われ、時間を売ってお金を稼ぐことも出来ない人はどうしたらいいんでしょうかねぇ?

やっぱりギャンブルで一発当てるか、犯罪で稼ぐか、金持ちの犬になるしか方法はないのだろうか?

お金関連書籍


関連記事

テーマ : 生きる
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くろいきり

管理人:くろいきり
フリーのレタッチャー

クラウドソーシングだけで生活出来るヤツっているのかな?
少なくともレタッチ案件では絶対無理。

大口の仕事、来ないかなー。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

商品
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ