【ノーパソ】LIFEBOOKAH52B2のリフロー【富士通】

本体

タダGETしたLIFEBOOK AH520/B2
HDDなし リカバリーディスクなしで、電源は入るが画面が表示されない。

マシンスペックは

AMD Athlon Ⅱ デュアルコア・モバイル・プロセッサ M360 2.30GHz
システム・バス 3200MHz HyperTransportTM 3.0
チップセット AMD M880G チップセット
4GB(2GB × 2)(PC2-6400 DDR2 SDRAM)デュアルチャネル MAX 4GB
ATI Mobility RadeonTM HD 4200 Graphics(チップセット内蔵)
液晶ディスプレイ 15.6 型ワイド TFT カラー 1366×768 ドット

こんな感じ。

NETでこのLIFEBOOKを検索するとボロクソに言われている機種で設計上排熱が悪くGPUの半田がクラックして画面が表示されなくなるという欠陥商品らしい。

初期のPS3と同じと言えばわかりやすいかな。

というわけで試しにリフローしてみようと思う。



裏側のビスを全部外してバッテリーパック、メモリHDDDVDを取り外す。

裏

DVDを外すとビスが出てくるのでこれも外す。

メモリDVDのビスは他のとサイズが違うのでまちがえないように。

液晶の裏側にあるヒンジ部分のネジを外したら、キーボード面を表に向けて隙間にヘラのような物を突っ込んで押し上げる感じパネルを外す。

キーボード

ナンバーロックとポーズの中間になにかを突っ込んでくれと言わんばかりの隙間があるので突っ込もう。
他の場所にもあるので全部に突っ込んでパネルを外そう。

外したら

電源パネル下

スピーカーのカプラ

電源パネル下

電源基板のケーブル

矢印の部分を上に押し上げるとケーブルが抜ける。

wifi

無線LAN液晶モニタの接続端子を外す

液晶モニタの接続端子は左の矢印の部分にヘラの様な物を差し込んで押し上げて外し、無線LANはビスを外したら左上方向に引き抜く。
黒とグレーの配線は付けたままでいい。

そうしたら左右のスピーカー上辺りに3つあるビスをそれぞれ外して液晶を本体から取り外す。
無線LANも一緒に移動するので慎重に。

キーボード剥がし

次にキーボードを取り外す。
両面テープで止まっているので出前に剥がす感じで行う。
裏側にケーブルがあるので力任せに剥がすと勢い余って千切れちゃうかも知れないので慎重に。

キーボードケーブル

キーボードケーブル

矢印の部分を下にやるとケーブルが外れる。
キーボードを外すと

トラックケーブル

トラックパッドケーブルが現れるので外す。

矢印の部分を下にやると外せる。

上部

ビスを全部外せばケースが取り外せる。

マザーボード

マザーボードが出てくるのでケースから取り外して裏返すと

クーラー

クーラーが現れるのでファンのカプラを外し、ビスを外して全部取ると

CPUとGPU

CPUGPUとご対面。

今回リフローするのは左側のGPUなので、

CPUとGPU

他の部分をアルミで覆い、GPUだけを露出させてリフローする。

アルミ

ちょっとだけフラックスを隙間に入れて、ヒートガン550度で90秒炙ってみた。

充分に冷えたことを確認したらCPUGPUにグリスを塗って必要最低限の組み立てを行いスイッチオーン。

完成

無事に起動してくれたのでWIN10を入れてみました。

後は元通りに組み立てて終了です。


※ 文章、画像の複製・転載・2次加工を禁じます。


関連記事

テーマ : ノートPC
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くろいきり

管理人:くろいきり
フリーのレタッチャー

クラウドソーシングだけで生活出来るヤツっているのかな?
少なくともレタッチ案件では絶対無理。

大口の仕事、来ないかなー。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

商品
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ