IXY DIGITAL 500 White Limited 爪折れ品

いただきました。

ixy_500.jpg


nakata.netと書いてあるのでどうやら限定バージョンっぽいです。

ixy_500_2.jpg


2005年の製品で、記録媒体がコンパクトフラッシュ。
SDじゃないってのがちょっと萎える。

もらえた理由はいろいろあるのだが、決定的な事はCFを入れる蓋の爪が折れているから。
いろいろ調べてみると、この部分を壊してしまう人が多いみたい。
結構多いってことは元の作りに問題があるのではなかろうか?

なので蓋の部分に粘着テープを貼って使用するユーザーが多いらしい。
貰った時にガムテ貼ってあったし。
でもそれだと、CFを取り出すたびに貼ったり剥がしたりを繰り返さないといけないのでスマートじゃない。
別に蓋がパカパカしててもいいじゃんって思うのだが、これがまた面倒な作りになっていて、蓋が閉まった状態でないと電源が入らない仕組みになっているのだ。

ixy_500_switch.jpg

矢印の部分がスイッチになっていて蓋を閉めることによって押され、蓋の開閉状態をチェックしている。

矢印の部分の爪楊枝でもぶっこんでしまえば解決する事なのだが、それをするのは最後の手段として他の方法を考えてみる。

やっぱり単純に折れた爪部分をパテで肉盛りする事に決めた。



tamiya_putty.jpg
↑ ↑ ↑
模型屋に行ったらタミヤのパテしか売ってなかったので、とりあえずこれにしてみた。
エポキシパテの中で可もなく不可もない定番のエポパテ。
造形するのに適したパテで2種類のパテを混ぜてガンガンにコネコネして使う。



ixy_500_hook01.jpg
↑ ↑ ↑
爪の部分全体にコネコネしたエポパテを肉盛りする。



ixy_500_hook02.jpg
↑ ↑ ↑
半乾きの時に大まかな形を作っておいて、完全に乾燥したらナイフやヤスリを使って形成する。
限界まで肉盛りしたので強度はバッチリ。

メーカーに修理依頼を出すと恐らく送料などコミコミで8000円近く取られるんではなかろうか?
蓋の部分だけを売ってくれれば簡単に解決する事なんだが、メーカーってのはパーツだけの販売とかしてくれないことが多い。
修理相談窓口センターに電話して、

「この商品のこの部品が欲しいのですが・・・・」

っていうと大抵

「パーツのみの販売はしておりません。」

とか言ってくれやがる訳ですよ。
パーツ売りをしてしまうと修理手数料が取れなくなるのでケチケチしてます。
これは本社から命令されているみたいなので仕方がないのですが、パーツだけを入手する方法はあります。

その方法は、直接修理センターみたいな所に行って、パーツを売ってくれと直談判して見ましょう。

住所はメーカーのサイトに記載されているので直ぐに判ると思います。

修理したい物を持って行けるのなら持って行って、持っていけないものだったら型番と欲しいパーツの写真をプリントアウトした物を持っていって

この機種のこのパーツが欲しいので売ってくれ

と言って見ましょう。

パーツの在庫がある場合には売ってくれる事が多いです。
パーツがない時は当然ですが、パーツが有っても売ってくれない事もあるので確実に手に入れる方法ではないですが、どうしても欲しいというは試して見てはいかがかな?
(現在、そのパーツがなくても「何日に入るからその時に来てよ」って言われることもあるよ)
(製造終了から7~8年経った物だと在庫がないので買えない事が多い)

このパーツなら恐らく500円くらいで買えるんじゃねーのかなぁ。
買って交換した所でまた爪が折れるだろうけど。


現在、爪部分の形成も終了し、無事に稼動しております。
いい物を頂きましてありがとうございました。

テーマ : PC周辺機器
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くろいきり

管理人:くろいきり
フリーのレタッチャー

クラウドソーシングだけで生活出来るヤツっているのかな?
少なくともレタッチ案件では絶対無理。

大口の仕事、来ないかなー。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

商品
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ