【PS2】HDL_DUMPでインストール【LAN接続】

hdl_dumb

既にLAN構築している環境にPS2を参加させてHDL Dumpでインストールする方法。

HDL Dump Helper GUI か HDL DUMB by AKuHAK をダウンロード。
http://www.ps2-home.com あたりにあります。

ストレートケーブルPS2HUBを繋ぎます。

ブロードバンドルーターの設定画面のプライベートIPアドレスを確認。
大体192.168.0.1か192.168.1.1か192.168.11.1が多いのでここでは192.168.0.1として話を進めます。

そしたらPS2のネットワーク設定でデフォルトゲートウェイの部分を192.168.0.1にする。
サブネットマスクは255.255.255.0でOK

ネットワーク設定
OPLのネットワーク設定から行ってもOK

PS2自体のプライベートIPはデフォルトだと192.168.0.10なのでLANに繋いでいる他のPCと被っていないならこのままでOK
被っているなら他のPCで使われていない番号(10の部分)を変更します。

次にPS2にデータを送信するPCのプライベートIPの確認。
コマンドプロンプトで ipconfig /all と打ち込んでやるとプライベートIPが表示されるので、ネットワーク接続→イーサネットアイコン右クリ→イーサネットのプロパティ→インターネットプロトコルバージョン4→プロパティ→次のIPアドレスを使うの所に表示されたIPアドレスを打ち込み、サブネットマスクは255.255.255.0 デフォルトゲートウェイは192.168.0.1にする。

IPアドレス

そうしたらDLしてきたファイルに入っている hdl_svr.elf をPS2から起動させるとこのような画面が出てくると思うので、この状態のままにしておき、PCでHDL Dumpを起動。

HDLサーバー
done!ってなっていればOK

Networking Serverの所にPS2のプライベートIPを入力して Attach を押す。

アタッチ


問題なければDisk space の部分に変化があると思うので、後はISO file の所でデータを選んで Install を押せばおしまい。

もし接続できなかった場合はブロードバンドルーターの「DHCPサーバー機能」のような項目を見て開始IPアドレスと終了IPアドレスを見てみましょう。

終了IPアドレスが10未満になっていたら10以上にすることでPS2が認識されるはずです。
若しくはPS2のプライベートIPをデフォルトの10より若い番号に振り分けましょう。

また、hdl_svr.elf をPS2から起動させた後に、ブロードバンドルーターを再起動させないと接続出来なかったり、ディスクイメージを送信するPCPS2だけの状態にしないと接続出来ない事もあるので、他のPCや無線LANの中継器等がHUBに接続してある場合は、電源OFFにしておきましょう。

これで毎回PS2HDD若しくはSSDにゲームイメージをインストールするたびに取り外してPCに接続しなくても良くなります。

お疲れさまでした。


※ 文章、画像の複製・転載・2次加工を禁じます。


関連記事

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くろいきり

管理人:くろいきり
フリーのレタッチャー

クラウドソーシングだけで生活出来るヤツっているのかな?
少なくともレタッチ案件では絶対無理。

大口の仕事、来ないかなー。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

商品
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ