CDRメディアを直射日光と灼熱地獄状態にさせたらどうなるか?1

古いCDRメディアがあって、内容を見たら今となっては不要のデータだったので捨てようと思ったのだが、どうせ捨てるならどれだけの耐久性があるのか調べてみたくなったので実験してみた。

TDKのCDRメディア
TDKのCDRメディア650M

いつ頃買った物かは忘れたが結構前の物であることは間違いない。
記録面は青色なのでアゾ系で、耐光性・耐熱性に優れていると言われている。

実験方法は車のダッシュボードに、一つは記録面、もう一つはラベル面を上にした状態で放置するという方法で耐光性・耐熱性を調べてみようと思う。

実験方法

こんな感じ。
直射日光をガンガンに浴びて、車内の温度は60度オーバーの環境なので実験には持って来いだ。
この状態で1週間放置してから回収。

1週間後
回収したのがこれ↑

見た目にもこれといった変化はなく、データの読み出しも問題なし。
1週間程度の直射日光程度じゃ、ビクともしないようだ。
懲りずにまたダッシュボードの上に置いて実験続行。

結果は1週間後ぐらいに・・・・・

つづく
関連記事

テーマ : PC周辺機器
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くろいきり

管理人:くろいきり
フリーのレタッチャー

クラウドソーシングだけで生活出来るヤツっているのかな?
少なくともレタッチ案件では絶対無理。

大口の仕事、来ないかなー。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

商品
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ